2015年12月03日

最近思うこと

オイスカスタッフは多忙である。

研修スタッフは農業の研修だけでなく、
日本語・規律・礼法・生活指導も担当し、視察・
交流・イベント準備・出展・研修生の引率・
センターに来所される様々な交流・研修の立案と運営などなどに追われる。
しかし、一番大事で大切なものは
日本に来ている研修生一人一人で、彼らの研修の場となる農場なのだ。

啓発スタッフは、国内でのオイスカデー等様々な事業が一つ終われば次、
終ればまた次と切れ目なく事業が続き、それに追われる。
しかし、一番大事なことは、オイスカを支えてくださる一人ひとりの会員さんで、
会員さんと向き合う時間と新しい会員さんをつくる時間である。

研修も啓発もどちらも「心」をもった人が相手だ。

研修生との時間をつくり、農場で作業を共にする時間を作ること。
啓発でいうと、会員さんを訪問・面会しコミュニケーションを増やすこと。

お互い目の前の業務に追われてしまうと、大事なことを忘れてしまう。
余裕がないと、だめだなあ。
何とかして、時間を作り出そう。



同じカテゴリー(雑感)の記事画像
間伐体験
同じカテゴリー(雑感)の記事
 国際協力ボランティアの募集 (2016-11-14 21:37)
 マッサンが面白い!! (2016-11-13 17:20)
 久しぶりの投稿です (2016-09-07 08:20)
 もうすぐ3.11. (2016-03-07 08:31)
 たくさんの方に支えられて (2016-02-16 08:21)
 豊田市自主研がミュージカル (2016-01-18 08:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。