2015年06月14日

憂鬱な時に読む1冊

「憂鬱でなければ仕事じゃない」

これは藤田晋氏と見城徹氏の共著の
題名だが、至言だなあと思う。

やらなければならない仕事
会いたくない人にアポを取る。
行きたくないのに行かないといけない。
プライベートな約束を反故にして優先せざるを得ないとき。

いやだなあ~と思う。

しかし、著者はだからこそ仕事なのだという。

好きなことだけをやる。
いやなことはやらない。
自分のペースを崩さない。
これは仕事とはいわない。

ハードな仕事人たちでさえも
「憂鬱」を抱えて仕事に向かっている。

「憂鬱」な時に、開くと元気が出る本だ。

憂鬱を好む人間などいない。
しかし一方で、憂鬱は大きな反発力を生む。
それに気づいたとき、
憂鬱は間違いなく仕事の糧となる。
                       見城徹


同じカテゴリー(オススメの本)の記事
 イイ本発見 (2015-12-17 19:15)
 里山資本主義 (2015-02-04 07:07)
 寄付の本 (2014-11-15 13:12)
 NPO・NGO希望の書 (2014-02-08 12:34)
 百年の愚行 (2013-09-11 21:23)
 オススメ本紹介 (2013-08-25 11:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。