2011年11月10日

心の野球③

桑田さんのいう「裏の努力」についての
記述がすごい。

目ざまし時計が5時半に鳴った瞬間、
「リリリリーン」の最初の「リ」くらいで
、パッと止めてガバッと起きる。

そこから部屋をそーっと抜け出し、
トイレ掃除をする。
今日は2階、明日は3階と決めて、
毎日、違う場所のトイレを一心不乱に
掃除していた。
できるだけ見つからないよう努めた。


高校生がこんなことを考えるなんて
信じられないが、桑田さんはそうだった。

桑田さんは「野球の神様」が振り向かずにはいられない、
応援せずにはいられないほどのあらゆる努力を積み重ねていった。


同じカテゴリー(オススメの本)の記事
 イイ本発見 (2015-12-17 19:15)
 憂鬱な時に読む1冊 (2015-06-14 16:24)
 里山資本主義 (2015-02-04 07:07)
 寄付の本 (2014-11-15 13:12)
 NPO・NGO希望の書 (2014-02-08 12:34)
 百年の愚行 (2013-09-11 21:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。