2011年11月14日

心の野球④

2008年3月26日、桑田真澄さんは
ボールを置いた。

なぜあのタイミングだったのか・・・

「よくやったな、もういいよ」
「次のステップにいこう、これは卒業だよ」

野球の神様からの声だった。

以前引退しようと思った時は
野球の神様の声は聞こえなかったという。

桑田真澄さんの野球は「野球道」
野球を通して、技術を精神を磨くというものだ。

本にあった桑田語録を紹介します。

どんなに調子のいいときでも、
どんなにもてはやされたとしても
常に謙虚であり続けたい。
仁義ある野球人の共通点。
それは謙虚であるということだ。

練習したからといって、
すぐに結果が出るものではない。
毎日コツコツ努力していると、
人間はある日、突然、成長する。


同じカテゴリー(オススメの本)の記事
 イイ本発見 (2015-12-17 19:15)
 憂鬱な時に読む1冊 (2015-06-14 16:24)
 里山資本主義 (2015-02-04 07:07)
 寄付の本 (2014-11-15 13:12)
 NPO・NGO希望の書 (2014-02-08 12:34)
 百年の愚行 (2013-09-11 21:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。