2015年06月09日

ウズベキスタン随行記②

イスラム教でアフガニスタンに国境を接する
ウズベキスタンはイメージ的に「危険」と思われがち。
私も上司から

「おまえさんがいなくなっても困らないように
しっかり保険をかけとけよ」

と送り出され、身構えるように
空港の外に出たのでした。

空港の外は整然としていて、ポーターや怪しい人が
群がることもなく、いささか拍子抜けでした。

夜中ホテルにチェックイン後、ツアーメンバーの
皆さんと飲みにいくも、全く平和。

翌朝地下鉄に乗れば、清潔な構内、美術館のような
駅舎、そして静かに整然と電車に乗り込む乗客をみて

「治安はいいので大丈夫」
と言った冨樫さんの言葉が本当であることがわかりました。


同じカテゴリー(国際協力)の記事
 ウズベキスタン随行記③ (2015-06-10 17:37)
 ウズベキスタン随行記① (2015-06-04 19:26)
 ネパール募金 (2015-05-19 13:37)
 クリック募金で世界を変えよう (2015-02-08 08:51)
 古本買取で国際協力 (2014-12-13 07:10)
 ブラザー工業の支援 (2014-10-22 09:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。