2015年06月10日

ウズベキスタン随行記③

NPO法人グリーングラスロッツ(以下GGR)が主催する
ツアーの魅力の一つは参加者の素晴らしさにある。

ボランティア精神溢れ、「利他」の心のある方がツアーを
申し込む。

道中のバスが休憩に止まる度に誰かがおやつを買えば、
社内でまわる。

日本人はおなかを壊しやすいとなれば、抗生物質や胃腸薬を
準備、全員に配ってくれる人。

食事時は、コーヒーやカフェオレ、味噌汁の素などを準備、みなに
配ってくれる人。

家庭や仕事の都合で参加できない人は、理事長に餞別・寄付を
託す人もある。

「お客さん」としてこのツアーに参加する人がいないんです。
皆が、どうしたら喜んでくれるのか。
どうしたら、役に立てるのか。
ツアーに参加した全員が、その思いと行動が一貫していました。

だから、また参加したくなる。
だから、また応援したくなる。
だから、普通の旅行で味わえない体験ができるのです。



同じカテゴリー(国際協力)の記事
 ウズベキスタン随行記② (2015-06-09 07:21)
 ウズベキスタン随行記① (2015-06-04 19:26)
 ネパール募金 (2015-05-19 13:37)
 クリック募金で世界を変えよう (2015-02-08 08:51)
 古本買取で国際協力 (2014-12-13 07:10)
 ブラザー工業の支援 (2014-10-22 09:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。